惜しむ冬の煙。

ようやく遅い春が巡ってきました。今年の冬は体調も思わしくなく、ひたすら雪との闘い(笑) それでも春はやってきます。何時までも制作が続けられますように。来春とともに新たな心の息吹が吹きますように~。の祈 …

雪の中の雪ん子絣

久留米の雪ん子絣はどなたでもご存知の水玉模様。私が選んだのはちょっと。。。(違う)木綿糸をくくって藍染をした綿絣作品です(初めて藍に藍の帯を合わせてみましたらまったく違和感のないコーデになりました。洋 …

東の風が春の便りを・・

長い寒い冬も雪解けが少しずつ始まり緩んできたこの頃、山では雪崩のニュースも聞かれます。日は日増しに長くなり得をしたような気分。 春だけど まだ春色は遠く、枯れ木の色が残る 浅いあさい春の日に。春の色と …

春はまだ遠い・・。

  今の時期とても重宝します手織りの紬です。暖かくほっこりした生地。 春らしく水色を合わせてみましたが寂し気になってしまい、黒に変更。 帯揚げはふんわりピンクに。。。長い冬・・長い雪・・・地 …

黒地の帯のご注文~

寒くなると地色の濃いものが欲しくなります。特に黒地はお正月にも向けて必需。 ちょっと懐かしいデザインと手法で リニューアル(?)の帯たち。ちょっと今のエッセンスも加えながらニューオールド。。とでも。

秋色の身支度で・・・。

郡上紬の着物に由季野の帯を合わせて、秋に同化・・。 つい見過ごしてしまう、野山の小さな出来事。どんなに忙しくても我に返り、周りを見回す余裕は残さなければ。

気が付けば 秋まじか

陽射しは秋でも暑い一日でしたので結城の単衣に致しました。ピンクのようなベージュのようなお色目です。。 今日また一つ歳をとって、また新た。

ピーニァの季節

ピニアの兵児帯使いは リボンにして金魚の尾のようにひらひらさせるのもいい。手を短く取ってたれを幾重にも折って文庫にするのもいい。滑らないから僅かに小難しいけど、締めてしまえば全く崩れない。軽い。。。帯 …

薔薇に誘われてお客様

毎年この時期においでのお客様 なかよしおふたかた。。楽しいおしゃべりに着物のお話。また来年の薔薇の時期にもお越しくださいね。 絽縮緬の着物と帯のUん。可愛い中に爽やかな色気も持ち合わせて。大島の絞りに …