もうすぐ冬将軍がやって来る。

由季野も秋が駆け足で去ろうとしています。昨日の夕方には雪虫が掌に止まった。直冬ですよ~・そう言っているような。 夏から秋にかけて体調も悪くちょっと沈み込んでおりましたが、ようやく抜け出したようです。歳 …

9月の雨

 毎日 毎日 良く降る雨です。 おかげでギャラリーの静けさは一段と増し、流れの音だけ。 小鳥も虫も声を潜めています。そろそろ鳴く声が聴きたい。  

緑濃き日に

真夏には花々も姿を消し ひたすら緑の競演の我庭。様々な緑色の洪水・・大木のてっぺんからの木漏れ陽は光のシャワー。まさにグリーンカーテン。 おろしたての藍染の帯が浮き立つように、緑の紗の着物を着てみまし …

上布の季節

上布の季節が やっとこの地にも来ました。肌にさらさらと風を通す麻はやはり涼しい。今日は越後の無地織の上布にしました。この赤色の帯がどうしても締めたくて。白っぽい着物には派手になり過ぎ ちょっと気後れい …

今何月でしょう??

毎日寒く暖房中。雨も続き、薔薇の花たちは試練を強いられているようです。それでも咲くことを全うするんですね。時が流れるまま生き抜く。すべての生き物から学んでいる今、ともに過ごす充実感も感じます。白久留米 …

北国にも薔薇の時期が来ました。

北国では選定や誘引は 新芽の出る前の3月半ば頃が適しています。ですから手入を一気にしなければならず今年からは業者に手伝ってもらうことに。薔薇園のようにもりもりとは咲けないのは 気候のせいで仕方がありま …

終の棲家

今日由季野にやって来た友人が ”今までで一番きれい!” と言ってくれた由季野の里。欅も大木となり実生の雑木も大木に。。光の陰影もいい感じに出て 庭の雰囲気もことさらに向上・・・。今は家の周りだけに花を …

初夏とは言え涼しい毎日。

万筋織の地端結城紬に袖を通しました。軽くてふわふわでそれでいてしっとり。。何という触感でしょう・・・長い事結城もいろいろ着てきましたがこれは群を抜いています。気持ちがいい。。ずっと着て居たい。そんな感 …

ピンクの帯

麻に染めた くぐもったピンク。褪せているようでもあるし、意図してくすませたようにも。白っぽい着物に合うかと思い仕立てたのだけれど以外なことに思いのほか渋すぎて明るい色には添わず、黒に合わせることに。当 …

袷の時期・・

近頃はお天気に合わせて着物も袷や単衣など着まわしますけれど30年ほど前は(私の40代)5月いっぱい袷でした。さすがに初夏のような日差しの中では、京都は暑い!でも汗だくでの問屋回りをしたのが夢のよう・・ …