私の七夕飾り

仙台七夕は8月の3日間、商店街の催し物として東北3大祭りのひとつに数えられています。毎年、それぞれの商店が思い思いの飾りを時間と手間をかけて作り上げます。

DSC_0461

今回の素材は紙ではなく、染色家であることと、発注が呉服屋ということから、あえて布で。

DSC_0199

染布を裂いたり、切って糊付けしたもので花を作る。糸を染める。

DSC_0255

素材はインド綿、麻、絹を使用。輪に結んだ濡れた布を、裂いては、また裂くを繰り返します。ビリビリと山の中の工房に響きます。

IMG_9456

出来上がった傍にいますと、通る方々のいろいろな声が聞こえます。作り手が誰なのか・・どれほどの時間と労力を費やしたのか、そんな事、全く関係の無い、生の批評です。その様々な言葉は、作り手にとって、真剣に受け止めるべき批判も含め、何よりのご褒美でした。

6 comments

  1. こんな素晴らしい布の七夕飾りが見れるなって幸せですね。
    華奢な身体で大作の制作は本当にすごいことだと思います。男前な由季さんですね。

  2. 制作から最終日まで、そしてその後の余韻さえも愛おしく感じるそんな機会に恵まれたのですね.疲労感と共に満足感も味わっています。

  3. 来年こそは仙台の七夕を満喫したいと思っています。
    この飾りは今年限りですか?
    直接拝見できず残念です。

Yuki Yamamoto にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。