初夏とは言え涼しい毎日。

万筋織の地端結城紬に袖を通しました。軽くてふわふわでそれでいてしっとり。。何という触感でしょう・・・長い事結城もいろいろ着てきましたがこれは群を抜いています。気持ちがいい。。ずっと着て居たい。そんな感じの贅沢な着物です。たまたま友人にお勧めするために取り寄せたのですがミイラ取りが何とやら。どうしても手に入れたくなりました。たまたま まだ同じ色の糸が一反分残っていると言う事で追加で織ってもらい私のもとに。。あまりの軽やかな色と素材感は手持ちの帯には全く合わず、染めることに。やっと出来上がった極薄の紬地の帯です。思えば今まで力任せに重い着物もずいぶん着ましたし素材の固いものもこなしましたが。。もうだめですとにかく気持ちの良い優しい素材が何よりになりました。これからの私の残りの人生の着物は その着物に惑わされるようなものに出会いたいですね。

 

纏った瞬間変身してしまうような・・・。それは衒いの無い本物であることが必要。自分と一体になって呉れる正直なものです。一年に一枚の上質な着物と2本の帯を自分のものに。。を目標に!

 

 

まだまだ着物への欲は尽きません~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。